東京・多摩「大人の発達障害」当事者会

日野市中央福祉センターの地図 高校生以上の発達障害当事者のための会です。(診断・手帳の有無は問いません。)
会場は日野市ですが、他市他県の方も参加できます。
発達障害に関心があれば、家族や支援者の方も参加できます。

☆毎月第3土曜日に茶話会、学習会を行います。
☆会場:
 日野市中央福祉センター 2階娯楽室
 日野市日野本町7-5-23
 (JR中央線日野駅から徒歩10分)
☆時間:PM 1:15 ~ 4:15
☆会費:500円(会場費・茶菓代)
☆参加申込み・問い合わせ:
※日時、開場、部屋が変更になる場合があります。なるべく事前に申し込みの上、ご参加ください。


(代表世話人 滝口 仁)


  1. 時間内の出入りは自由です。あまり無理せず、気分が悪くなった場合には退席可です。
  2. 何かあったら、すぐにスタッフ(滝口等)に申し出てください。
  3. 原則実名参加ですが、ハンドルネーム参加も可です。
  4. 会で知った他人の個人的な情報は他言しないでください。
  5. 会の仲間をむやみに批判しないでください。助言と思っても、言われた人は非難されたと受け止める場合もあります。
  6. 悩みを話しても構いませんが、余りネガティブにならず、楽しい雰囲気で過ごしましょう。
  7. 互いの悩みをシェアする場ですが、ここですぐに解決できるとは限りません。それをご承知の上、ご参加ください。
  8. 一人で時間を費やすのはご遠慮ください。なるべく皆が平等に発言できるようにご配慮ください。
  9. 会で知り合った人同士の連絡先交換は禁止してはいませんが、そこでおきたトラブルは会としても責任は取れません。自己責任でお願いします。
  10. 連絡先、住所、勤務先等の個人情報をしつこく聞くのはトラブルの元です。聞かれた方も、嫌であれば答えないでください。困ったらスタッフに。
  11. 飲酒しての参加は禁止です。
  12. 医療機関にかかっている方は、事前に主治医の了解を取ってのご参加をおすすめします。
  13. 何ごともスタッフの指示に従ってください。
  14. 運営上の意見は後でメールでください。当事者会は議論の場ではありません。

会話のワークショップC&R

日野市中央福祉センターの地図 日本人の70%~75%は人前で話すことが苦手だそうです。
特に「口下手な人」「引っ込み思案な人」「発達に偏りのある人」「高次脳機能障害の人」、理由は様々ですが、コミュニケーションの苦手な人は少なくありません。
ここはそんな方が楽しくチャレンジできる場です。
 互いに「批判」や「助言」は禁止です。
誰のコミュニケーションにも必ず「魅力」「長所」はあります。
そこを見つけあいながら進行してゆき、そのことによって失われかけた自信を回復してゆきます。
誰でもが「語りたい自分を」を抱えて生きています。
「言葉を内包して」生きています。
 しかし、「他人が私の言葉に耳を傾けてくれるのだろうか」「こんなことを言ったら変に思われないだろうか」「言葉にするのに時間がかかるけれど、それを待ってくれるだろうか」等の不安があり、なかなか言葉にできないでいるのです。
ここでは、そんな心配は無用です。
また、「出来・不出来」を競う場でもありません。
みんなで楽しい会話を試してみませんか。
(C&Rとは、コミュニケーション・アンド・リレイションの意です。)
よいコミュニケーションがよい関係性を生み、それがよりよいコミュニケーションを生み出すと考えています。

☆日時:毎月第1日曜日 PM 1:15 ~ 4:15
☆会場:
 日野市中央福祉センター 2階
 日野市日野本町7-5-23
 (JR中央線日野駅から徒歩10分)
☆会費:1000円(会場費・茶菓代等)
☆定員:20名
☆主催:HINO飛ぶ教室
☆協力:日野市社会福祉協議会
☆参加申込み・問い合わせ先:


(主任ファシリテーター 滝口 仁)


  1. 医療機関にかかっている方は、事前にこの案内を主治医に見せて、参加に関しての意見を聞くことをおすすめします。
  2. 批判・助言・過度な自虐は禁止です。
  3. ファシリテーターの指示に従ってください。また、他の参加者に対し迷惑な言動のあった場合、退席していただく場合もあります。
  4. こまめに休憩を入れますが、疲れたり気分が悪くなった場合には遠慮せずお申し出ください。
  5. このワークショップは人によっては脳に負荷がかかる場合もあります。
  6. 参加が原則です。「様子見」「見学」は経験値にはなりませんから。
  7. 家族、支援者が同行なさる場合は事前にご連絡ください。
  8. 支援職のみの参加も歓迎します。